HOME > 部位別のたるみ

部位別のたるみについて

顔に出来るしわやたるみは実年齢よりも老けて見えてしまったり、疲れているように見えたり、怒っている、やる気が無い・眠そうに見えるなどなど、比較的良くない印象を与えてしまいます。
そんな困ったしわ・たるみは各部位ごとに出来るプロセスや仕組みがそれぞれ異なります。
そこで、各部位ごとにしわ・たるみになる原因と効果的な治療方法を合わせてご紹介いたします。

目の上・目の下

目は顔の印象の中でも特に重要で、目の周りのたるみも他の人に与える見た目の年齢を大きく引き上げてしまう原因になります。
目元周りのたるみ・しわの原因は筋肉の衰えと皮下脂肪によるたるみが原因です。
目尻に出来るちりめんジワなどは、乾燥や紫外線によって皮膚の保湿が減少している事が原因だと考えられます。
目元のたるみ解消にはヒアルロン酸注入で肌の保湿力を上げ、肌にハリを持たせる事でたるみを解消させることが出来ます。

額・眉間

額や眉間のしわは乾燥が大きな原因です、他にも眉を動かしたりするなど表情筋を動かすと、しわができます。怒りじわや笑いじわといったものがそれにあたります。
これらの治療には、ヒアルロン酸注射やボトックス注射が効果があります。
同じ注射ですが、効果はまるで違います。
ヒアルロン酸注射はヒアルロン酸によってしわを埋める効果がありますが、
ボトックス注射は筋肉の動きを抑制ししわが現れなくなってくるという効果の違いがあります。

頬・口元

口元のたるみは老けて見える印象の他にも、口角が下がってくる事で、不機嫌そうな表情に見えてしまい、相手に与える印象も悪くなってしまいます。
これらの主な原因は表情筋などの衰えが原因である事が考えられます、日ごろから無表情であったりすると筋肉が衰えて老け顔に拍車がかかってしまいます。
頬や口元のたるみ解消には、フェイスリフトや金の糸といった引き上げる治療とサーマクールや再生治療といった、減少したコラーゲンやエラスチンを増やす治療が効果的です。